天理教
教区・支部情報ねっと

教区 掲示板

今を活きるみんなのつどい in Saitama【報告】

dsc_1379 dsc_1423 dsc_1513 dsc_1532 dsc_1589

埼玉教区へ408名が集結!
埼玉教区(髙橋慶宣教区長)では、12月2日教務支庁を会場として20歳~41歳を対象とした育成行事「今を活きるみんなのつどい in Saitama」を開催し、対象者260名、託児97名、スタッフ51名の合計408名が参加した。
当日は、開講式に続き高井久太郎本部員の講話、班に分かれての振り返りの後、班ごとに昼食をとり、午後からはグループワーク「陽気ぐらしへ」を行った。
開催に当たっては、同教区が導入しているYカードを活用し、対象者一人ひとりに案内を届け、また二度三度と声掛けをして動員を図った。
アンケートから、ほぼ全員からの満足した感想と次回の開催を楽しみにしている声が聞こえた。

【参加者の感想】

・後継者講習会が終わってから、日常に戻り忘れがちになってしまっていた事を再度今回のつどいで思い出させてもらい感謝しています。(複数)

・昨年後継者講習会から、このように練り合う機会が無かったので、改めて信仰や陽気ぐらしについて真剣に考えて見つめ直せるとても良い機会になりました。おぢばから離れてお道の人が少なくて心細い毎日ですが、同じ埼玉にこんなにも信仰している人がいることを知れて安心しました。(20代女子)

・普段の生活でどうしても忘れてしまっている「陽気ぐらし」の取り組みを再確認できて良かった。人それぞれの仕方があり、勉強になった。今後の信仰への新たな種に今回のつどいを活かしたいと思う。(20代男子)

・自分の意見もよく言えたので、とても居心地が良かった。みな考えの根本が同じであるためか、否定の一言はなく、一度受け入れ、一緒になって考えてくれたので良かった。本当にここで会う人は初めて会った気がしないです。(20代男子)

・やっぱり自分の人生には「人」が重要で、相手がいるから自分がいる。相手を通して自分がたすかっていると改めて気づかせてもらいました。まずは今の現状を喜び、ゆったりとした心で実践実行できるように心がけて勇んで通りたいと思いました。(30代女子)

・日々の生活の中で、見過ごしてしまうことに改めて気づかせて頂きました。同世代の様々な意見を聴き、日々の生活の中で喜び心で通らせてもらえるよう神様にもたれて頑張りたいです。(30代女子)

・陽気ぐらしの色々な意見を聞き、視野が広がりました。縦のつながりも大事ですが、横のつながりも大事だと感じております。(40代女子)

・練り合いを通してみんなの意見を聞きながら、陽気ぐらしを実践していこうという姿に刺激を受けました。明日から自分に何ができるのかを考えて、自主性を持って行動していきたいと思います。(40代男子)


ページの先頭へ