天理教
教区・支部情報ねっと 

基本情報

支部長

北條 時男

電話0263-47-2570 (Fax兼)
教会理榮分教会
住所〒390-0852 松本市島立2767-5

掲示板

全教一斉にをいがけでー活動報告

松本の街中に神名響き渡る

 秋晴れの全教一斉にをいがけデー初日、松筑支部では松本市の「芳川公園」を中心にリーフレット配布、国道19号線沿線にて神名流しと、途中三ヶ所で教会長達が先に立ち路傍講演を行なった。

img_20190928_100538 img_20190928_100551

 支部長を先頭に教会長10名・ようぼく3名・少年会員3名の計16名が、約2kmの距離を意気揚々と神名を流し、途中国道を行きかう車両や人々に、教理を分かり易く伝えられるよう、教会長夫々が工夫した路傍講演を行ない新しい勇みの種を頂くことが出来た。

img_20190928_101746 img_20190928_104821 1569838866073 1569838853521 img_20190928_101704

  • LINE

国宝松本城 夜桜会

p4140407

松本の夜空に雅楽の調べ

 

今年で20回目を迎えた「夜桜会」、4月7日に開花宣言を受け、10日から17日の8日間松本城の本丸庭園は夜間無料開放され、お城の内外の桜はライトアップされ、月見櫓では三曲(筝・尺八)・フルート・そして支部内教友らで構成される松筑雅信会による、雅楽の演奏が松本城の夜空に響き渡り雅やかな音色により、桜の花びらを揺らした。

平調越殿楽に始まり、陪臚、さくらさくら、荒城の月など8曲あまりが演奏され、今回は「舞楽 五常楽」が櫓内で舞人によって優雅に舞を演じた。

写真の撮影された日は生憎の雨が降る中であったが、大勢の方々がその音色に耳を傾け、花見団子を味わいひとときの憩いの時を過ごした。

p4140549p4140563p4140532p4140484p4140544p4140503p4140521p4140556

 

 

 

  • LINE

平成最後のひのきしんデー

  • 2019年04月29日 (月)

地域の教友たちと共に報恩感謝の汗を

rimg2546  rimg2532rimg2533

平成最後となるひのきしんデーが、晴天の御守護の中松本市島内にある「児童養護施設 松本児童園」にて148名の教友らとひのきしんの汗を流した。

 冷たい川風が吹く中、表統領・支部長・施設園長の挨拶に続き、少年会員たちによる『ひのきしんはじめのことば』を照れながら読み上げた後、多種多様なひのきしんの作業分担が発表され、それぞれの徳分を生かしたひのきしんに取り掛かった。

 長年当施設をひのきん会場として利用させて頂き、草取りや窓拭きなどの単純な作業から始まり、今年は「布団づくり・雑巾作り・自転車修理・日除け作り・植木の剪定、土留め修繕、柿木除去・物置小屋屋根のペンキ塗り・玄関タイル修繕・道の修繕・排水溝掃除・駐車場整備」と様々なひのきしんを依頼されるようになり、教友だけでなく施設職員や児童らも一緒にひのきしんをさせて貰えるようになった。これも長い事支部の皆さんで続けてきた成果だと思う。来年も御恩報じの心で勇んでひのきしんに励みたい。

rimg2624 rimg2591 rimg2597 rimg2587 rimg2590 rimg2576 rimg2565 rimg2608 rimg2580 rimg2552 rimg2559rimg2625rimg2601rimg2586rimg2582rimg2564rimg2619rimg2621rimg2614

 また、恒例になったひのきしん後の昼食は、用意された温かい豚汁を持参したおにぎりと共に頬張り、互いにひのきしんの労をねぎらいあった。

rimg2574 rimg2588

  • LINE

掲示板のご案内

  • 2017年01月17日 (火)
天理教では、都道府県単位を「教区」、教区の中を「支部」に分割し、様々な地域活動を行っています。この掲示板は、「教区」「支部」の活動情報を、それぞれの地域担当者から発信するものです。
  • LINE
ページの先頭へ