天理教
教区・支部情報ねっと 

基本情報

支部長 加藤義之
電話 072-668-6191
教会 高淀分教会
住所 〒569-0844 高槻市柱本1丁目12-16

掲示板

 


001


三島支部 の主な行事



002
004


各部各会よりお知らせ


「少ひ隊・学ひ隊」

s_005


 「支部少年会」
s_003


「支部学生会」
s_004


「支部青年会」
003

三島支部鼓笛隊 28年連続金賞受賞

 

三島支部鼓笛隊 28年連続金賞受賞

「28年連続の金賞受賞」
3年連続の優秀演技賞受賞」

今年も元気に「こどもおぢばがえり」に参加させていただけました。
 台風の影響で、行事が見合わせや中止になったりと、いつもとは違う「こどもおぢばがえり」となりましたが、おぢばに帰らせていただいたことに感謝の心を持って、通らせていただきました。
 最終日には、晴天の御守護のもと、お供え演奏も結構につとめさせていただき、日々の感謝を親神様、教祖にお伝えすることができました。
 そして、鼓笛オンパレードでは、有難いことに、

  鼓笛は『28年連続の金賞』
  バトンは『3年連続の優秀演技賞』

をいただくことができました。

 普段とは違う、「こどもおぢばがえりとなり」ましたが、怪我なく、楽しく、一手一つに三日間を過ごさせていただきました。本当に、ありがとうございました。

a
b
c
d
f
e
26572
g

 

  • LINE

大阪北部地震 災害ひのきしん

 6月18日 (月)、午前7時58分、大阪府北部を震源とする地震により、支部内教会、布教所、信者宅も多数被災しました。
 その中、大阪教区災救隊を芯に、奈良教区隊、兵庫教区隊も加わり、14日にわたり、延べ280人の隊員が約180軒の屋根のブルーシート張りなどに出動し、支部内災救隊、ようぼく、延べ106人もひのきしんに従事しました。
 また、屋根を損傷した双槻分教会には、大阪教区災救隊と支部有志の合同で、瓦と赤土を撤去しました。
 今回の震災を機に、支部内の危機対応の必要性を強く感じました。

1
2
3

  • LINE

三島支部 組大会②


 支部では、今期の活動において、各組を中心とした、より身近な単位での活動の充実を掲げており、本年はそれぞれ組独自での企画・運営による「組大会(名称は自由)」が4月~6月にかけて開催され、各組合わせて、354名が参加した。

※三島支部は、茨木市、摂津市、高槻市、吹田市、島本町を、地域毎の6つの組に分けている。

6組 「ふれあい大会」

 5月27日(日)、吹田分教会を会場に、6組の組大会を開催した。
 9時から会場の設営をし、10時に三殿を参拝した後、よろづよ八首を総立ちでつとめた。最初に、支部から、福岡章副支部長が挨拶され、その後の記念講演には、日本赤十字社北大阪献血事業所前所長の安原武志氏が献血に関して90分に渡ってお話下された。最後に、楓芳雄組長の挨拶の後、昼食を参加者と共にいただき、なごやかに「ふれあい総会」を終えた。参加者は、大人26名、子供2名、計28名であった。
※「6組」とは…吹田市南部エリア。(教会数 8、布教所数6)



003

1組 「ミニ運動会」

 1組の組大会は、6月3日(日)、原公民館で開催されました。参加者は中学生以下9名を含む52名。
 全員参加の「玉入れ」に始まり、延べ48人の老若男女が、子どもは子どものままで
大人は三才心に戻り、室内競技を楽しみました。最後の「逆転玉入れ」で、その名前のように、それまでリードされていた白組が大歓声の中に逆転優勝しました。
 尚、各種備品は、有志が100円ショップの品を利用して、手作りで作り上げた「逸品」です。
 親睦会は、婦人会員の方々の手作りの料理をバイキング形式で、各種飲み物も準備し、一同大いに舌鼓を打ちました。とても有意義な大会となりました。※「1組」とは…高槻市北部エリア。(教会数 13、布教所数15)


s_12798
s_12799
s_12801
  • LINE

MMF(ミシマ ミュージック フェスティバル...

MMF(ミシマ ミュージック フェスティバル)

 昨年に続き、ミシマ・ミュージック・フェスティバルが開催された。今回は、5月3・4日の2日間にわたり、高槻分教会内に設けた特設ステージにて、三島雅友会、支部鼓笛隊ОBバンドの演奏演技を披露した他、会場内では模擬店やフリーマーケットなどが行われた。
 この行事は、高槻市で毎年恒例となっている音楽イベント「高槻ジャズストリート」の開催期間中で、高槻分教会周辺がそのメイン会場となっていることもあり、支部としても文化活動の発表の場を作ると共に、「高槻ジャズストリート」に来訪する大勢の幅広い音楽ファンに対して、天理教に触れてもらえる場を作ることを目的として開催している。
 今年は初めて夜のプログラムが企画され、ライトアップされたステージでの雅楽の音色は実に幻想的であった。鼓笛ОBバンドでは、演奏以外でも、男女によるバブリーダンスなどで観客を魅了した。 尚、2日間の来場者数は1500名となった。


s_a1d70aa4-50db-4bcf-a9cd-ea2b1388f545
s_s__8749137
s_s__8749138
s_1b2ce927-e6d9-41cf-9d00-99a340986db4
s_mmf%e9%ab%ae%e3%83%bb%ef%bd%a5%ef%bd%bd3%e8%ad%8c%ef%bd%a5%e8%9e%9f%e6%87%b7%e3%83%bb%e8%b2%8d%e8%be%b2%e8%8f%ab%ef%bd%ae%e8%b1%81%ef%bd%a3

  • LINE

三島支部 組大会

 支部では、今期の活動において、各組を中心とした、より身近な単位での活動の充実を掲げており、本年はそれぞれ組独自での企画・運営による「組大会(名称は自由)」が4月~6月にかけて開催されます。みなさまもお住いの地域の組大会に、是非ご参加いただきますよう、よろしくお願いします。

※三島支部は、茨木市、摂津市、高槻市、吹田市、島本町を、地域毎の6つの組に分けている。

4組 「お楽しみ昼食会」

 4月29日(日)島上分教会を会場に、4組の組大会を開催しました。今回の組大会は、「例年、全教一斉ひのきしんデーには、たくさんの方が参加されているのだから、参加された方が気軽に参加できるよう、当日の昼食を用意させていただき、これを機会に、同じ地域に住むお互いの陽気なネットワークを持たせてもらいたい。」という思いのもと、「お楽しみ昼食会」と銘打ち、開催させていただきました。
 当日は、絶好の天気の御守護をいただき、集まってくださった方は48名となりました。全員揃ってのおつとめに続き、支部長より挨拶をいただき、その後は、教会の食堂をお借りし、美味しい食事を囲んでの昼食会、更にはお楽しみ抽選会を開催し、終始にぎやかな組大会となりました。
※「4組」とは…摂津市及び茨木市南部エリア。(教会数10、布教所数6)

s_2018-04-29-13-11-51
s_2018-04-29-13-00-26
s_2018-04-29-14-07-29

2組 「陽気大会」

 2組では、初夏を思わす5月27日(日)、地域に住む教友同士が、互いにたすけ合い、勇ませ合って、「今、地域ひとつに」へと力強く歩み出せるように、「陽気大会」と銘打ち、2組の組大会として高槻分教会を会場に開催した。
 飯降成彦元天理高校校長を講師に招き、『円満な家庭を築くために』と題した講話に、参加者は熱心に耳を傾けた。その後のバイオリンミニコンサートでは、優雅な音色で会場内を魅了した。そして、加藤義之支部長からの挨拶に、参加者一同勇み心を花開かせた。
 午後からの親睦会では、グランド抽選会等のプログラムにて終始笑顔で過ごし、会場を後にした。尚、当日の参加者数は、112名であった。
※「2組」とは…島本町及び高槻市南部エリア。(教会数 15、布教所数19)

s_s__3891203
s_s__5357574

5組 「講話・親睦会」

 5月27日(日)、讃阪分教会を会場に、組大会を開催し59名参加してくださいました。
 最初に渡辺副組長の身上平癒のお願いづとめを全員で心揃えてつとめた後、講師に本部員宇野義明先生をお迎えし、「ようぼくとしての角目」として、実体験を交え、分かりやすく心の糧となるお話に勇み心をいただきました。その後、質疑応答、福引きを行い、有意義な組大会となりました。
※「5組」とは…吹田市北部エリア。(教会数13、布教所数14)


s_s__2998316
s_s__2998317
  • LINE

全教一斉ひのきしんデー

全教一斉ひのきしんデー

 身近な所で励まし合い声をかけ合って活動することを目標に、4月を『感謝と喜びひのきしん月間』とし、全14会場で268名が参加して下さいました。
 また、29日の「全教一斉ひのきしんデー」は、高槻赤十字病院、吹田中の島公園の2会場で556名の参加者があり、支部長は高槻赤十字病院の開会式で「『感謝の心を寄せ合って 一手一つにひのきしん』のスローガンのもと、共に喜びの汗を流しましょう」と挨拶し、吹田中の島公園の閉会式では「地域ようぼく誰もが参加できるひのきしんを目標に活動を進めていく」と締めくくられました。
 尚、高槻赤十字病院では献血車を配車し、33名が献血ひのきしんを行いました。
page00001
s_2018-04-29-09-06-17
s_2018-04-29-09-17-57
s_2018-04-29-09-52-56
s_2018-04-29-09-54-46
s_2018-04-29-09-36-35
s_2018-04-29-09-45-32
s_2018-04-29-09-48-13



 

 

  • LINE

おやさま お誕生まつり

おやさま お誕生まつり

 4月15日、本年度初の少年会行事、「おやさま お誕生まつり」を開催しました。少年会員24名、スタッフ15名、その中には、少年会員が声を掛けて初参加してくれた3名も含まれます。
 仲良く陽気ぐらしをしているのを見て、共に楽しんでいただこうと、みんなでゲームをしてから、教理勉強として、逸話編より教祖の御言葉をお借りしてカルタ作りをし、そのカルタで遊びました。
 午後からは、ケーキを作り、教祖にお供えさせていただいてから、教祖御誕生賛歌を歌い、教祖と共にケーキをいただきました。
 朝からは雨でしたが、気付けば雨もあがり、親神様・教祖にお喜びいただけたと感じることのできる、とても素晴らしい行事となりました。

 
s_2018-04-15-15-37-51
s_s__13189136
s_s__13189137
s_s__13189134
32806


 

 

  • LINE

3組 組大会「ひのきしんフェスタ」

3組 組大会
「ひのきしんフェスタ」

 4月8日(日)梅花分教会を会場に、3組の組大会を開催しました。今回の組大会は、「同じ地域に住む道の仲間が、報恩感謝の心を持ち寄り、一緒に“ひのきしん”をさせていただきましょう。」という思いのもと、「ひのきしんフェスタ」と銘打ち、開催させていただきました。
 当日は、絶好の天気の御守護をいただき、集まってくださった方は55名となりました。全員揃ってのおつとめに続き、支部長より挨拶をいただき、その後は、万博外周道路のゴミ拾いひのきしんを報恩感謝の気持ちをもって、勇んでつとめさせていただきました。
 その後は、組内の各教会布教所の持ち寄りによる、手作りの品での親睦会を開催し、終始にぎやかな組大会となりました。

※「3組」とは…三島支部(茨木市、摂津市、高槻市、吹田市、島本町)内を、6つの組に分けたもので、3組は茨木市北部エリア。(教会数9、布教所数9)

 支部では、今期の活動において、各組を中心とした、より身近な単位での活動の充実を掲げており、本年はそれぞれ組独自での企画・運営による「組大会(名称は自由)」が4月~6月にかけて開催されます。みなさまもお住いの地域の組大会に、是非ご参加いただきますよう、よろしくお願いします。

 
s_20921


 

 

  • LINE

遠足徒歩団参

遠足徒歩団参

 3月25日、少年会員11名、育成7名、総勢18名で、郡山からおぢばまで徒歩団参をさせていただきました。「おぢばに到着する」ことを目的とし、郡山から約10キロの道を歩きました。お天気も良く春の陽気の中、先人の先生方が喜び勇んで教祖の元へ帰られたように、歩かせていただける喜びを感じている少年会員の姿は、とても勇ましいものでした。大きな事故もなく、教祖にお連れ通りいただきながら、全員揃って、おぢばに帰らせていただくことができました。

 
s__74301444 s__74301443 s__74301449


 

 

  • LINE

おかあさんの集い大会

お母さんの集い大会

 婦人会では、『平成29年度お母さんの集い大会』を3月13日、高槻分教会を会場に開催しました。船場部属、安惠分教会会長田中治子先生、安治川分教会後継者田中慶太先生をお迎えして、「歌で綴る教祖」と題して、約一時間にわたり、講演していただきました。先生方の素晴らしい声に、教祖の面影を目に浮かばせ、感動で涙する参加者の姿も見られました。参加人数、大人56名、子供15名でした。

 
s__1744898-2


 

 

  • LINE
ページの先頭へ